FC2ブログ
マイシティハウジングブログ
株式会社マイシティハウジングの社有物件建築過程や営業マンの奮闘記を掲載するブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北見方4棟完成しました
ついに4棟完成しました

s-IMG_1381.jpg


ようやく、建物が完成しお客様に引渡します。
建物がほぼ出来上がった状況で、住宅保証機構の建物検査と、行政の建物の最終検査を行い
ます。

外構も綺麗に仕上がり、後はお客様が引越しすれば完全に終わります。
s-IMG_1374.jpg


LDKもすっきりとした風合いで仕上がっています。
s-IMG_1368.jpg


建物の他の画像を見たい方は、以下のホームページの施工例をご覧下さい。

自社施工例
URL:http://www.mycity-housing.co.jp/construction/


川崎市で不動産といえばマイシティハウジング
お気軽にお問い合わせ下さい
連絡先:045-501-7700
スポンサーサイト
北見方4棟工事状況その2
外壁の工事が一通り完了しました

P7310027.jpg


外壁の工事が完了し、雨どいなどの取り付けも全て完了したので
足場を取り外しました。
建物も完成間近です。

P7310026.jpg


残りの工事は内装のクロスの工事と車庫や周りの外構工事のみです。

建物内はクロスの工事をやっている状況です。

白っぽくなっている箇所はボードの目地を埋める為にパテ埋めしてあります。
P7310037.jpg


パテが乾いた段階で、下の糊付け機を使ってクロスに糊をつけ壁面に貼り付けしていきます。
P7310034.jpg


張り終えると下の画像のように部屋っぽくなります。
P7310031.jpg



建物内の設備も一通り搬入・設置が完了しています。
P7310033.jpg


P7310030.jpg


P7310032.jpg


後は外構が仕上がって、ルームクリーニングをすればようやく建物の完成です。


川崎市で不動産といえばマイシティハウジング
お気軽にお問い合わせ下さい
連絡先:045-501-7700
北見方4棟工事状況その1
建物の棟上が完了してから約1ヶ月経ちました。

PICT2447.jpg


サッシ関係も一通り取付が完了し外壁工事も各棟順次取り掛かっていっています。

PICT2445.jpg


弊社の建物は基本的には、白、紺・黒を基調としたシンプルモダン調の
サイディングで統一しています。

自分達が言うのもなんですが、結構カッコイイと思います!!

次に建物内の状況をお見せします。

PICT2451.jpg


PICT2449.jpg


内装の下地工事の状況です。
ボードが貼り終えている箇所と、まだ、貼り終えていない箇所があります。

下地工事は柱の間に間柱を設置し、その間に断熱材を挟み込んでいきます。
この上から、断熱ボードを貼り内壁を作っていきます。
天井と壁は基本的に全て断熱ボードを貼り、壁、天井が作られています。
この後に、クロスをはって壁、天井は出来上がりです。


川崎市で不動産といえばマイシティハウジング
お気軽にお問い合わせ下さい
連絡先:045-501-7700
北見方4棟上棟完了!!
ついに北見方4棟が棟上しました!!

PICT2370.jpg


ここまでくれば、やっと戸建住宅らしくなってきます。
建物が棟上すると目の錯覚なのでしょうかが随分と土地が
大きく感じます。

この建物の概要ですが、全て4LDKで2階部分にLDKがあります。
また、全棟セコムが標準設備として設置されます。
しかも、リビングには床暖房が設置されている棟(オプション)もあります。

PICT2369.jpg


この後に建物の耐震性を増すために金具を取り付けていきます。

PICT2366.jpg


最近の木造建築では主流になってきていると思いますが
この物件も通気溝は基礎パッキン工法を用いて行います。

PICT2367.jpg


また、この段階で白アリ駆除の薬剤を基礎からやく1mぐらいの
ところまで散布します。
色がオレンジ色になっているものが薬剤を塗った箇所になります。
弊社の建物は白アリの保証(5年保証)もしています。

PICT2368.jpg


ここからサッシの取付を行い、外壁工事及び各居室の内部の
下地工事をします。この後、台所や洗面台などの建物設備を
搬入していきます。
そして最後に内装工事(クロスなど)を行い、最後に
外構工事とクリーニングをしてお客様へ引渡します。

次回もまたアップしますので、もう少々お待ち下さい!!


川崎市で不動産といえばマイシティハウジング
お気軽にお問い合わせ下さい
連絡先:045-501-7700
北見方4棟基礎工事開始
建築過程記 『北見方全4棟』 編

ついに北見方4棟現場の基礎工事を開始致しました。
工事の状況については随時アップをしていきますので、随時状況をご確認下さい。

基礎工事その1


建物を建築する場合に弊社では
基礎工事は基本的には以下のような工程で行います。

【基礎工事工程】
①地盤の調査
 ↓
②地盤改良
 ↓
③建物の基礎(土台づくり)

①地盤調査
 弊社では「スウェーデン式サウンディング試験」を用いて地盤の調査を行います。
 「スウェーデン式サウンディング試験」とは?
 下の画像にある試験機を使用して調査を行います。試験機の先にあるスクリュー
 ポイントに一定の加重をかけ回転させながら地盤に貫入させます。
 このとき25cmごとの貫入させた際の回転数から、その地点の地盤の硬さを
 測定します。
 また、対象の土地の複数のポイントを決めて、地盤の強度の調査を行います。

 「スウェーデン式サウンディング試験機」
SS試験機

 
②地盤改良
 ①で説明した「スウェーデン式サウンディング試験」に得られた地盤の強度を元に
 地盤の改良を行うか否か、又、改良を行う場合にどのような工法で地盤の改良を
 行うか決定します。
 弊社で主に行っている地盤改良は「柱状改良工法」、「鋼管杭工法」などを用いて
 行います。


 「柱状改良工法」とは?
  柱状に掘削した土砂とセメント系固化材を混合した土を埋戻し、攪拌、締固めを行い、
  掘削した柱状の改良体を形成する工法です。

 「柱状改良後の地盤表面の画像」
柱状改良


 「鋼管杭工法」とは?
  鋼管を杭として施工機で直接強硬な支持層まで杭を回転圧入させ、建物を支持する
  工法です。 超軟弱地盤を含め、改良系工法がふさわしくない場合に使う工法です。


③基礎工事
 弊社の物件で使用している基礎は主にベタ基礎を採用しています。
 ベタ基礎は、縁の下をもたない床をつくる場合や、軟弱な地盤に対し、面上に対抗する
 基礎。地盤に施工された鉄筋コンクリート面全体で建物を支える構造になっているため、
 地震や台風などの衝撃を効果的に地盤へ逃がすことが可能。地面をコンクリートで覆う
 のでシロアリを防いだり、地面からの水蒸気を防ぐ効果もあります。

 「べた基礎工法の様子」
背筋を組んだあとに型枠を設置しセメントを流しこむようにします。
2749522720.jpg


次にセメントを流し込んだ状態が次の写真の状態です。
2216583283.jpg


固まった後に型枠を外すとこのような形になります。
2869164305.jpg



川崎市で不動産といえばマイシティハウジング
お気軽にお問い合わせ下さい
連絡先:045-501-7700
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。